ガンプラ ブログランキングへ

2014年08月31日

日曜朝。快晴

おおぅ、むっちゃ天気いい〜。
暑さも少し落ち着いた感じで爽やかな朝です。

すかさず洗濯!そして朝飯作る!

medamayaki.jpg

うまそうな目玉焼きの様だが、















DSC00908.JPG

やはりおっぱいであった。
展示品なんでおっぱいは作りこまないでいいですよwwとお店のY君にも店長にも言われてましたが、
そのまま、

vskos-mos078.jpg

コレで仕上げるのは寂しいのでチョイスケで。わはは。

爽やかな休日の朝っぱらから救いようの無い私ですが、ここ数日現場仕事で少々お疲れだったので、
予定より進行が遅れ気味のKOS-MOSです。

二体目だしカラーキットに変更されたとはいえ、全体像は見えてるぶんまとめて進めようと考えていました。が、やはりこらえ性の無い私には同じ作業を繰りかえすのは苦行であり、結局進行が遅くなり作業が雑になるので、今まで通り部分ごとに作る事にしました。

肌色塗装を済ませ、ストッキングのレースを貼り終えました。

DSC00906.JPG

デカールが付いていますがデカール貼る方が難しいです。
ストッキングの黒部分は塗装なので、肌色とのキワにキッチリデカールを貼るのは中々難しく、こっちの方が簡単で見栄えもいいです。貼り付けは木工ボンドです。

こういったレースは手芸屋さんに行けば30センチ100円ぐらいで売っていますし、別に男が行っても
おかしな目で見られる事はありませんので(たまーにパートのおばちゃんが怪訝そうに見るw)、まぁ気軽に冷やかしてみると面白いものがあるかもしれません。
アクリル塗料や台座に使えそうな工芸用の板なんかも置いてました。


DSC00907.JPG

可能な限りパーツ分割してあるので、いろんな所にダボがあります。
なんか設定通り、この写真だとアンドロイドを作っているという感じがしますな。

DSC00898.JPG

眉毛、瞳デカール貼りました。こんな美しいデカールがあるので、自分で描こうなどと・・・。
髪パーツは乳白気味の水色です。

DSC00909.JPG

リップも入れ、クリアでコート、乾燥後目をマスキングし、つや消しコート、その後艶の消えてしまった
リップにこれまたクレオスの色つきパール、ルビーレッドを少々混ぜたクリアーを上塗り。
凄く色っぽくなります。

写真がわかりにくいので自分ので。

DSC00858.JPG

クリッククリックで大きな画像を見てもらえるとわかりやすいと思います。
ちなみに旧キットには瞳デカールは付いておりません。赤青2セットづつあったので、お許しを頂き
1セット頂きました。

髪の毛はクレオスのパール塗料、サファイアブルーにガイアの純色シアンを少々混ぜて多少変化を付けました。

ちなみに青系のパールは明度の高い下地色にガッツリ吹くと、黄味が強くなりちょっと見ていられない色になってしまうので、控えめに吹いた上、純色シアンを少し混ぜる事で黄色に反射するのを防止しています。
これはどうにもしょうがないらしく、理論立てて説明してあるサイトもありました。
知らなかったので自分のを作った時は盛大に失敗してしまいました。

しかしこのクレオスのパールシリーズは使い勝手が良いです。サファイアブルーは前述の通り少々気を使いますが、他の色はイメージ通りの素直な美しい色をしているので、手元にあると便利です。
たしかユニコーンにもいっぱい使った気がします。

イメージ通りの塗装ができた時は最高に楽しいですな。






posted by てんどうしんのすけ at 10:41| Comment(0) | ボークス 絶対領域 KOS-MOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

ボークス  キャラグミン 1/4 絶対領域 KOS-MOS その1

色々と前後してしまいますが、キャラグミンKOS-MOSです。

前に少し触れたように、キャラグミン版ではない旧キットの方はザクザク作って完成したのですが、
写真撮るのがめんどくさくてご紹介しておりません。すみません。
撮ったら載せます。

しかし、でかい。色々と。

DSC00894.JPG

40センチ以上なのですごいですよ。
パーツ割りがまたすごい。
私のは無垢のアイボリーの旧キットで、パーツ割りも、足!腕!胴体!頭!その他もろもろ!
って感じだったので、ここまで細かく再分割して色分けしてあるのはびっくりしました。


DSC00875.JPG

箱も高級感いっぱいです。

自分の分のガトリングガンを拝借して仮組みとバランスチェック。
やっぱり足元真鍮3本くらいじゃ机が揺れるとぐわんぐわん揺れますが、土踏まず部分の台座の補助が、旧キットと違い一体整形なので安定性は上がっています。自分のももう一度補強しなおそう。まぁとりあえず倒れる事はないのでOKです。 

おっぱいは残念な仕様となっております。

DSC00892.JPG

わかりにくいので以前一瞬だけ販売されたコールドキャスト製完成品の画像。

vskos-mos078.jpg

キャラのイメージ上仕方ないのでしょう。
私のは作りましたがw

DSC00865.jpg

後ろのゴミカレンダーとか生活感いっぱいで申し訳ありません。
え?モザイク入れんなハゲ?ブログの規約が良くわからんのでビビってんですよ。

アナタも好きねぇ。

http://highwaystar3144.up.seesaa.net/image/oppai2.JPG


こういう造型をする時は今まではエポキシパテでやってましたが、今回はダイソーのゼリー瞬着+
ベビーパウダーで盛り付け、硬化剤で固めつつ整形してやっつけました。



ちっこいのも売ってますがすぐ無くなるのででっかい方が良いです。
ただしこいつはドブの匂いがします。まぁ大量に吹くものではないので我慢できますが。
私はLEDの半田付け後に瞬着で固め、硬化剤を吹くという用途でも使ってます。

このインチキパテのポイントはダイソーのゼリー瞬着。パッケージは今変わってるかもしれませんが
中身は同じでしょう。

DSC00896.JPG

これが全然固まらない。どこが瞬間やねーん!
しかしこういう用途には絶大で、5分ぐらいは余裕で固まらないので成形時間も十分あります。
これをメモ用紙かなんかの上に出し、爪楊枝でベビーパウダーと混ぜます。
この時の姿はよく映画で見るコカインをやってるシーンみたいなので、家族には一言言っておいた方が良いでしょう。

ベビーパウダーの適量を掴めば加工しやすいツボが見つかるので、安いしご自分でやってみて下さい。
ヒケないのでプラモデルを作る時も、裏をセメント系接着剤べちょ、表をこいつで合わせ目消しすれば高速で合わせ目消し出来ます。待ち時間要らず。

こういった用途にはクレオスの瞬着パテというものが定番のようですが、硬化時間が早いとか、長期在庫で劣化してると厄介だとか色々聞くので、ダイソー瞬着+ベビーパウダーが手軽でおすすめ出来ます。

ちなみにベビーパウダーではなく、レジンのランナーを大根おろしの様にヤスリで粉末にしたものでも試してみましたが、なんか発熱してきてビビったのでやめました。

しばらくはペーパー掛け、なべで煮る、洗う、時々バルキリーにデカール貼る、こういうルーチンですなー。
posted by てんどうしんのすけ at 18:38| Comment(3) | ボークス 絶対領域 KOS-MOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。