ガンプラ ブログランキングへ

2014年12月06日

まずはXウイング完成しました。

楽しいキットでした。

とりあえず続きから。

まずはフィギュアとデススターベース塗装後、二機をパチ組み。
タイアドバンスドの方は40分ぐらいで組めます。

そしてベースに固定して並べる。

DSC01398.JPG

このベースがなかなか秀逸で、前後左右に角度を変えられます。こんな感じで戦闘シーン風にしたり、
ワクワクします。

さてばらして塗装しながら組んでいくのですが、どちらのキットもパーツを全部切り離して取りかかっても、
似たパーツでもダボの形が全部違うので間違えることはありません。
こういうのは地味にありがたい。

下地を塗装してこの辺の色でまだらにグラデをかけます。

DSC01403.JPG

キャノピーはクリアパーツの窓付きと、枠のみの2種類付いています。

DSC01399.JPG

パチ組の人にもうれしい気遣い。枠のみのパーツでも内側からプラ版なり張ればマスキングしなくて済みます。どっかそこら辺のおもちゃの箱の窓を剥がしたりしてもいいかと。

あら、途中経過を全然撮ってない…。
意外と設定通り作るとXウイングはカラフルで、デカールもまぁ付いてますが基本的には塗装しました。

DSC01409.JPG

羽根の部分の赤いパターンだけは、4つすべてきっちり正確にやれる自信がなかったのでデカールを使いました。

飛びますが完成。

DSC01410.JPG

いやー汚した汚した。知ってる限りのウェザリング方法は全部使いました。
ハゲチョロ、ウォッシング、マスキングゾルでのチッピング、エアブラシでの前から後ろへの汚し、
タミヤのウェザリングマスターもちょいちょいと、最後は筆で天神さんのボックスアートを参考にしながら
チッピングでオイルやダメージを入れました。

今年はマクロスシリーズで飛行機をかなり作って、今まで何となくやってたウェザリングを、理に適った
方法を選んで現実的に見せる事が多少はできるようになった気がします。
まぁ歴戦のジェダイナイツや元老院クラスのモデラーさんには遠く及びませんが、今回はある程度
自己満足してます。

DSC01411.JPG

キャノピーは一応開閉できます。ハセガワさんもぜひこれはやって欲しい。

DSC01413.JPG

開けないとあのわざわざ工作したパイプが見えないという。まーだいたい飛行機はそうですよね。
こだわった所が見えないのはお約束・・・。車なんかもそうですな。

DSC01414.JPG

毎度スラスターは焼き入れ表現してましたが、Xウイングはヒカリモノがあんまり似合わないので、
ほぼ設定通りすすけた色でやっつけました。

さて今回で本当にブログの容量が上限に達しましたので、2番ブログに移行します。

次はタイアドバンスドですな。しょっぱなベイダー様ってなんか・・・。

posted by てんどうしんのすけ at 22:13| Comment(0) | バンダイ スターウォーズシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。