ガンプラ ブログランキングへ

2014年07月31日

次はこれですわ

お店の展示品の依頼を頂きました。
これです。

4518992219455_1_1.jpg

ボークスの1/4シリーズ、絶対領域のセイバーリリィさんです。
すみません原作を見ていません。。。
結構ガレキは作ってきましたが、原作をいつも見ておらず、ファンの方に怒られそうであります。
でも何となくネットで調べたりお店のY君から教わって、話の筋程度は知ってます。
食いしん坊だとかアーサー王の霊が宿っているとか、物凄い数のフィギュアが出ているとか。
作りながら流して見ようかと思います(流すのか)

以前この絶対領域シリーズの「あやね」を練習で作ったのですが、飾るところが無いのと、
オークションに出しても私は写真がダメなので元が取れないときも多く、お店に引き取ってもらいました。

そこから話が広がって作らせてもらえる事に。
なかなか5万もするキットを作る機会なんて無いですし、その上製作料も頂けるという幸せこの上ない
ありがたい話。

感謝しつつ期待に応えられるものを作らねば。

1/4ですので、とにかくパーツがでかい!

DSC00605.JPG

これ台座ですが、豆腐か!

DSC00606.JPG

ついくだらないことを。。。
生姜とねぎ、かつお節を掛けたくなる衝動に駆られましたが、ギリギリ踏みとどまりました。

さてワタシは女の子のガレキを作る時は、いつも肌色を一番に吹き、瞳を描いてしまいます。
その方がやる気が出るんです。
しかし今回はいつも後回しにしてダレてしまう付属品からやることにします。
まぁ今回はやってみたい事があるのでそういう順番なんですが。

まずは豆腐から。いや台座から。

マーブル塗装(蛇紋塗装)というのをやってみたかったのです。検索すれば丁寧な解説が
ありますので私の方では説明は割愛させて頂きますが、大理石のような仕上がりになる
塗装方法です。

達人の作例を見ると本当に凄い。樹脂やプラが石にしか見えない。

半信半疑でとりあえず解説どおりにやってみる。

DSC00609.JPG

なんこれwww
スゲーw
昼まで豆腐だったのにwww

いやービックリしました。
しっかしこんなすごい方法を、惜しげもなく公開されている職人様は本当にすごいです。
先人の歩みに感謝です。

今は探究心さえあれば、ネットを泳げばほぼ必ず答えが見つかるという素晴らしい時代です。
自分も模型ファンの一人なので、ネットで顔も知らない方から頂いた知識に少しでもお返し出来るように、
自分で発見したことは書いていこうと思います。

いやしかし豆腐が大理石になるんだもんなぁ。たまげたわー。










posted by てんどうしんのすけ at 23:52| Comment(2) | ボークス 絶対領域 セイバーリリィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカル小隊4機終了〜

スカル小隊完結!なんとまぁ4機を1ヶ月でやっつけるという速度だけならプロ並みにw
とりあえずやっつけですが、店頭で撮らせて貰った写真をいくつか。

DSC00577.jpg

DSC00578.jpg

駆け足で作ったので写真を一枚も撮らなかったミハエル機。
やっぱり青の塗装は難しいと再認識させられました。
指定色はインディーブルー(まぁ藍色寄りの青ですね)がベースだったのですが、鮮やかにしたく
コバルトブルーでシャドウつけてやってみましたが、どうも汚くなってしまい、結局ドボンして
インディブルーでバリッと塗りました。
4機の中では一番パーツ数も少なく、塗装以外は悩むことはありませんでした。

DSC00579 (1).jpg

ルカ機。
マスキング部分が多く、ゴースト3機もなかなか苦行でした。意外に手こずったキットでした。
色は初音ミクのガレキを作った時の髪の色が大量に余っていたのでそれでw

ガイアカラーのエメラルドグリーンをベースに、蛍光グリーンやら蛍光ブルーやらあとなんか色々
混ぜて秘伝のタレみたいになってしまい、よく覚えてません。
毎度行き当たりバッタリで適当に色を作る悪い癖を直さねばと、思いつつ早3年。

オズマ機は以前に載せたのでそちらをどうぞ。

DSC00580.jpg

アルト機含め4機で。
アルト機はオズマ機+スナイパーライフルでパーツ数は一番多かったです。

最後に作ったので、並べてみるとやっぱり一番仕上がりが綺麗でした。

それからアルバイトのY君と二人で変形を。

「え〜Y君、教科書(説明書)の24ページを開いて」

「せんせいページが違います」

「@0@…」

「何これ固っ!」

「折れる折れる!!!」

「うはー!」

二人掛かりで苦しむこと3時間。やっと変形。

DSC00581.jpg

やった!終わった!いや〜かっこええですわ〜。

DSC00597.jpg

やっぱりデカールが剥がれたりしました。
できる限りクリアーを厚吹きして保護してはいたのですが、やっぱりはがれますなぁ。
まぁ一箇所だけだったのでいい方かな。

このキットは水転写とシールを選んで貼れるよう2セット付いているのですが、水転写一択!!!!
と頑固に作るよりも、ラインなどの大きなものは余白をカットしてシールを貼った方が良いと思います。

うーん、こんだけやったらもう二度と見たくない状態になるかと思いましたが、自分用に一機欲しい。
ワタシは作ったものはほとんど手放すのですが、これは手元に欲しいですね。

いつか落ち着いたらまた作ろう。








posted by てんどうしんのすけ at 00:12| Comment(0) | バンダイ マクロスF スカル小隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

大詰めになって参りました

バルキリーも3機終了し、ラストアルト機のアーマードのみとなりました。

時間の許す限り常に手を動かして、まさか1ヶ月で作り切るペースでやれるとは思ってもいませんでした。
4機目ですので全体像は見えていますから、効率重視でまとめて塗装しています。

アーマードパック部分は組めました。

DSC00566.jpg

このキットを作った方の話題によく出るのがミサイルポッドの塗りわけ。

単色の赤一色のパーツなんですね。

前回はなんとなーく黒で全部塗って、なんとなーくブラシで白をぼややーんと吹いて、
弾頭部を赤で筆塗りしました。

今回は少し頑張って、どなたかの作例にあった、まずラッカー白でべた塗り後、エナメル黒を
筆で塗り、はみ出たところをエナメルシンナーを吸わせた綿棒なり筆で拭き取るという方法を真似てみました。

こりゃてーへんだ。

DSC00562.jpg

あまり神経質になっても進まないので適当なところで妥協(妥協せんとか昨日の記事に書いたような)。
てっぺんの赤は筆塗りだとモールドが埋まるので、エアブラシでまっすぐ直角に吹きました。

あとは白パーツを塗装すれば組み立てに入れます。

しかしパーツ多いなぁ。。。

DSC00564.jpg

猫の手40本と、クリップ30個ぐらいあったはずなのに、足りない。

先を考えると手が止まるので、淡々とやっていきます。






posted by てんどうしんのすけ at 18:08| Comment(0) | バンダイ マクロスF スカル小隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。