ガンプラ ブログランキングへ

2012年07月11日

BB戦士クシャトリヤで卓上ライトを作る

ガンプラをがしがし作るようになって、手元のライトが欲しくていろいろ物色してました。

するとおうちの偉い人が

「そんなに光るの作って、自分で作ればええのに」

あ。

おっしゃる通りですな。。。

パチ組みして放置していたBBクシャトリヤを出してくる。

ユニコーン製作で赤と白ばっかり見て、何がめでたいのかいい加減飽きてきていた所だったし、パーツ注文でまだ部品が揃ってないので気分転換に簡単に作りました。

IMG_0507.JPG

BBなのにデカイw

塗りは袖と金銀部分だけであとは整形色で手抜き。
合わせ目も消してません。電飾+合わせ目消しとなると途端にハードルが上がるので。

仕上げのスミ入れはシャーペンで入れ、サインペンでなぞって筆でぼかし、トップコートシュッシュです。

サインペンは中々手軽で面白いです。

IMG_0499.JPG

右からスミ入れ前、シャーペンのみ、サインペン入れ状態です。100均に20色入りとか売ってるので、他の色も使うと面白いかなと思います。

気を付ける事は、水性トップコートをかけるとサインペンの色が3割増ぐらい濃く浮いてくるので、仕上げイメージより控えめにした方がよさそうです。
ガッツリ濃くなってしまい、ダンバインみたくなってしまいました。

点灯。

羽の内側は実用の為に銀塗装です。

IMG_0519.JPG

手元を照らす照明としては十分w
これからこの人にガン見されながらハンダ付けしたりしますw

ユニコーンと。

IMG_0515.JPG

胸も電飾した方が良かったなぁと思いますが、まぁまた気が向いたら台座と一緒に手直ししようと思います。

簡単に作ろうと思いつつ、足裏に4個づつ、サーベル×2、モノアイ、羽に3個×4枚と、結局23個も仕込んでしまいました。

しかしまぁ、BBユニコーンに4か月も掛けていたのに、この位ならほぼ一週間で作れるように。
人間慣れですな。

たまにはあまり考えずに作るのも楽しいです。


posted by てんどうしんのすけ at 01:58| Comment(0) | BB戦士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

MG ユニコーンガンダム 電飾と変形 その9 胸部

電飾ガンプラをいくつか作って、綺麗に光らせるコツの様な理屈がわかってきました。

1.遮光をきっちり施す

多分一番大事です。折角苦労して沢山LEDを仕込んでも、外装からスケスケだと光る部分との
メリハリがなく、いかにもLED仕込んでみました!という感じに見えてかなりよろしくないです。

ワタシは以前は黒→シルバー→外装色という順番でやってましたが、黒は抜いても大丈夫だという事を知り、
今回はシルバー→外装色でやってます。シルバーは内外吹かないと透けます。
整形色にもよりますが、ここは妥協してはダメです。

2.光源を極力隠す

LEDの光はかなり強烈なので設置位置が外から丸見えだと、「ここにLEDがありますよー」という感じで
強烈な光が点として見えてしまいます。うまく外装で隠せるような位置に配置するのが大事です。

3.全体のバランスに気を付ける

なんか足だけめちゃ明るいなーとか、腕は暗いなぁとか、光量のバランスを考えてLEDの数、密度を意識
して配置しないと、全体が組みあがってきた時おかしな作品になります。この辺は経験しないとわからない部分なので、人の作品を参考にするのが一番いいです。わたしがここまで変態な事が出来るようになったのも、
「筆塗り大王」さんの作品を拝見したからです。パクッたりパロッたりが一番勉強になります。

4.仕込む前に必ずテスト点灯する

チップLEDはちょっとしたことですぐにハンダ付けした線が剥がれます。
設置した後で点かなかったというのは本当に修正が面倒です。
またまれにやけに暗いものがあったり、不良品もあります。体感で50個に1個ぐらいですが、
後で泣かない為に面倒くさがらずチェックが大事です。

----------------------------------------------------------

胸部に掛かったのでその辺を意識しつつ解説します。

いつも通り仮止めしながら配置を決めます。色々やって片乳3個にしました。

IMG_0471.JPG

変形に干渉しない位置で尚且つ効率的に、光源を出来るだけ隠すという事を意識してこういう配置に。
正面の1個はどうしても隠せなかったですが、できるだけ奥に配置して光が拡散して見えるように。
こうする事でも光源を目立たなくできます。

外装を組んで点灯。

IMG_0473.JPG

まぁいいと思います。

ついでに折角バナージ君も塗装したのでコックピットも照らしてみました。

IMG_0477.JPG

配線したLEDが尽きてしまったので今日はここまでで。




番外ネタ

ケンプファーをPCのディスプレイをバックに一枚撮ってみました。
背景壁紙はCGソフトについている街並みを凄く適当にレンダリング。

IMG_0461.JPG

そこそこ雰囲気が出たと自画自賛しときます。
posted by てんどうしんのすけ at 05:44| Comment(3) | MGユニコーンガンダムLED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

MG ユニコーンガンダム 電飾と変形 その8 シールド

右腕も終わったし、いよいよ手を付けられるところが少なくなってきました。

ガトリングは小遣い貰ったらフルアーマー買って用意しよう。。。
来年また緑ユニコーンを作るつもりで積んでおきます。

今度はシールドを作ります。
なにげにここが考えるところで、あのシールドのクリアパーツがうまく光ってくれるかどうか。
BB戦士の時は二個のLEDを仕込みました。

IMG_0281.JPG

しかし今回は物が大きいので4方向に照らさないとイマイチだろうなと思い、大まかに配置のアタリをつけて
加工。

IMG_0443.JPG

ここなら変形も問題ないので軸に穴をあけて配線を通します。

さて一つ考えていた部分、ガトリングとシールドの同時装備の事を考えておかなければなりません。
ネットでフルアーマーの説明書を見てみると、シールドのジョイントを差し込む穴にガトリングを差し込み、
新たに別のジョイントパーツを取り付ける様です。

その穴はここ。

IMG_0441.JPG

この穴に写真の右のICピンを設置しシールドにオスを付けてやればとりあえず着脱する事ができます。
予定では。

まぁ考えてばかりじゃ進まないのでとりあえずやってみる。

IMG_0449.JPG

ガトリング併用時を見越してICピンを二連に仕込み、ジョイントを外せるようにしました。
なんとかうまい事出来ました。

テスト点灯。

アーッ!マジかぁ!一個点かん><
羽をグリグリやってたうちに断線した模様。。。

また分解…。
瞬着で一部固めてあるので外れない;
仕方無くはがし液を使う…。はがし液はABS樹脂や塗装を溶かしてしまうので極力使いたくないのですが仕方ない。
先走って固めた自分が悪い。

ちょっとグダグダになりましたが再び組み上げました。

IMG_0451.JPG

IMG_0447.JPG

今度こそうまくいってくれよ。

IMG_0453.JPG

IMG_0454.JPG

先まで光が届かないのがちょっと心残りですが、変形との兼ね合いがあるのでここは妥協です。
しかし思ったよりは良く拡散しています。

現在の状態。ビームマグナムは破損したのでフルアーマー買って作ります。。。

IMG_0457.JPG

マラソンで言ったら30キロ地点ぐらいですかね。もうひと踏ん張りです。













posted by てんどうしんのすけ at 10:41| Comment(0) | MGユニコーンガンダムLED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。